サイズで選ぶ

サイズが合わないとフォームが崩れ足を痛める原因に

普段のシューズよりも少し大きいサイズを選ぼう

ジョギングシューズの選び方で重要となる「サイズ」について解説。普段の靴よりも少し大きめを選びましょう。

サイズは1cm~1.5cm大き目がベスト

ジョギングシューズというと、なるべくサイズがぴったりなシューズを選んでしまいがちですが、これは実は大きな間違いです。

シューズを履いたときに親指(足の形によっては中指)とシューズの間に少し隙間ができるくらいが丁度よいサイズとされています。

靴紐をきつすぎない程度に結んだ状態で足の指が動かせるくらいの隙間(つま先部分を指で押して指1本程度の隙間)があれば充分です。

また、シューズの横幅もジャストフィットより少し大きいくらいを選びましょう。

大きめシューズを選ぶ理由

ジョギングは想像以上に足に負荷がかかる運動です。ぴったりとしたサイズのシューズで走っていると、つま先がシューズに当たって痛みを生じるだけでなく爪が割れてしまったり指先が硬くなってしまいます。

また、つま先に余裕があっても走っていると次第に重みで足が大きくなってきますので、横幅がジャストフィットだと少し窮屈に感じてきます。

かかと部分に隙間は不要

ジョギングシューズのかかと部分(ヒールカップ)は着地の衝撃を吸収するために重要な部分です。

ここに隙間があると、衝撃を吸収する力が半減してしまいますのでかかとは極力ぴったりフィットしているものを選びましょう。

選び方のポイントの記事一覧

ジョギングシューズの記事一覧

関連記事