フィットネスアプリと連携可能なチェストベルト心拍計「Wahoo Fitness TICKR Run」

iPhoneやAndroidとの連携で広がる使い方の幅

内蔵モーションセンサーによりランニングフォームの計測も可能に

「Wahoo Fitness TICKR Run」
「Wahoo Fitness TICKR Run」

内蔵3軸加速度センサーによりランニングフォームの測定も可能

フォーカルポイント株式会社は、iPhoneやAndroidなどと連携可能なモーションセンサー内蔵チェストベルト心拍計「Wahoo Fitness TICKR Run(ワフーフィットネスティッカーラン)」の販売を開始した。

同製品は、3軸加速度センサーを内蔵した心拍計で、専用のチェストベルトに取り付けて使用する。Bluetooth LE、ANT+の両規格に対応しており、iPhoneやAndroidのアプリと連携することが可能。

純正フィットネスアプリ「Wahoo Fitness(iOS版Android版)」を使用することで、ランニングフォームの測定やケイデンス(歩数)の測定し、平均ケイデンスと最大ケイデンス、平均接地時間、振動などのランニングデータを参照することができる。

主要なフィットネスアプリとの連携

「Wahoo Fitness」以外にも主要なフィットネスアプリ「RunKeeper」、「Strava」、「MapMyFitness」、「Cyclemeter」、「Runmeter」などでも心拍数の測定をすることができる。

チェストベルトにはジョギングの身体の動きに合わせて伸縮するエラスティック素材を採用。IPX7の防水性能を備え、汗や前に濡れても安心して使用することができる。

対応する機器は、iPhone 4s以降、iPad(第3世代)以降、iPod touch(第5世代)、Bluetooth LE対応Androidスマートフォン、タブレット端末、ANT+対応機器で、価格は10,800円(税込)。

関連リンク

関連記事