ランニングウォッチ「SOMA RunONE」にソーラーモデルが登場

一度のフル充電で6ヶ月使用可能なソーラー駆動モデル新登場

電池交換不要のランニングウォッチ「RunONE 300 SOLAR」

セイコーインスツル「RunONE 300 SOLAR」
セイコーインスツル「RunONE 300 SOLAR」

最大300ラップのメモリー機能やタイム表示切り替えなどランナー向け機能も充実

セイコーインスツル株式会社は、「スポーツを楽しむ」をブランドコンセプトにしたランニングウォッチ「SOMA RunONE(ソーマランワン)」シリーズから、ソーラー機能を追加した新モデル「RunONE 300 SOLAR(ソーラー)」を5月下旬に発売すると発表した。

同製品は、「RunONE」シリーズではじめてソーラー充電機能を搭載し、定期的な電池交換をすることなく一度のフル充電で約6ヶ月使用することができるファンランナー向けのランニングウォッチ。

10気圧の防水性能に加え、最大300ラップのメモリー機能や走行中でもラップタイム、スプリットタイムを切り替えできるなど、ランナーに役立つ機能を搭載している。

カラーバリエーションはブラック/ダークブルー、ブラック/ブルー、ブルー/レッド、ホワイト/ブルーの4色。いずれもアイコンやベゼルにはソーラーのクリーンなイメージを表現したブルーカラーを採用している。価格は12,600円(税込)。

関連リンク

関連記事